大震災に学ぶ社会科学  第2巻

[村松岐夫, 恒川惠市] [監修]

震災と自治体!そのとき被災地の市町村、県はどう動いたか。国や他の自治体、市民の対応は。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 震災と自治体(自治体行政の「非常時」と「平時」
  • 全町避難・全村避難と地方自治
  • 自治体の震災対応と職員意識)
  • 第2部 復興を担う組織と人(復興推進体制の設計と展開
  • 被災自治体に対する政府の財政措置
  • 災害ボランタリー活動の実際
  • 広域災害時における遠隔自治体からの人的支援
  • 県外避難者受入自治体の対応)
  • 第3部 自治体の復興事業(復興計画の設計と運用
  • 津波被災地における高台移転
  • 仮設住宅と災害公営住宅
  • 震災復興における被災者住宅再建支援制度の展開
  • 瓦礫処理をめぐる自治体の行動選択)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大震災に学ぶ社会科学
著作者等 伊藤 正次
北村 亘
和田 明子
大谷 基道
天川 晃
小原 隆治
恒川 恵市
村松 岐夫
松井 望
河合 晃一
稲継 裕昭
竹内 直人
西田 奈保子
阿部 昌樹
西出 順郎
恒川 惠市
書名ヨミ ダイシンサイ ニ マナブ シャカイ カガク
書名別名 震災後の自治体ガバナンス
巻冊次 第2巻
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2015.11
ページ数 338p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-22357-4
NCID BB19893387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22666829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想