舞踊手帖

古井戸秀夫 著

日本舞踊の初演を復元しようとする際、もっとも役に立つのが初演の台本です。とくに作者自筆の台本を見ると、初稿から作曲、振付、稽古を経て、実際に上演されるまでの過程が手に取るようにわかるものがあります。長唱や常磐津の正本の絵表紙、絵本番付(パンフレット)や辻番付(ポスター、チラシ)に描かれた主人公の絵姿からは、初演の舞台の方向性を見て取ることができます。本書は、それら初演の舞台の周辺に残された資料を整理したものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 相生獅子=風流相生獅子
  • 浅妻船=浪枕月浅妻
  • 雨の五郎=時致・五郎
  • 操三番叟=柳糸引御摂
  • 粟餅=花競俄曲突
  • 田舎源氏=古寺
  • 浮かれ坊主=願人坊主
  • うしろ面=尾花狐
  • 靱猿=花舞台霞の猿曳・新うつぼ
  • 梅川=道行故郷の春雨〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 舞踊手帖
著作者等 古井戸 秀夫
書名ヨミ ブヨウ テチョウ
書名別名 Buyo techo
出版元 新書館
刊行年月 2000.11
版表示 新版.
ページ数 294p
大きさ 21cm
ISBN 4403250505
NCID BA49142819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20128837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想