FIFA腐敗の全内幕

アンドリュー・ジェニングス 著 ; 木村博江 訳

資金洗浄、軍事独裁政権との癒着、韓国戦他での八百長、W杯開催地選挙、会長選挙で飛び交う実弾、放送権、マーケティング権をめぐる賄賂-。「今回のFIFA幹部一斉逮捕の端緒をつくりブラッターを辞任に追い込んだ男」(ワシントン・ポスト紙)一匹狼の老調査報道記者アンドリュー・ジェニングスが15年に及ぶ執念の取材のすべてを記す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 逮捕
  • リオのゴッドファーザー
  • 爆殺事件
  • FIFA会長の黄金入りアタッシュケース
  • 秘密賄賂リストを入手する
  • ナイキとの片務契約
  • ドイツW杯決定のスキャンダル
  • W杯チケット闇市場
  • 副会長の錬金術
  • アメリカ理事はなぜ太っているのか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 FIFA腐敗の全内幕
著作者等 Jennings, Andrew
木村 博江
ジェニングス アンドリュー
書名ヨミ フィーファ フハイ ノ ゼンウチマク
書名別名 THE DIRTY GAME
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.10
ページ数 381p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390363-7
NCID BB20024829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22660861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想