原子力と人間の歴史

ヨアヒム・ラートカウ, ロータル・ハーン 著 ; 山縣光晶, 長谷川純, 小澤彩羽 訳

政治史、経済史、社会史、科学史、技術史を横断する原子力産業史。第二次世界大戦後、平和的な原子力利用を志したドイツは、どのようにして原発撤退を決定したのか。ナチスの核兵器開発、科学技術のあり方と核兵器保有の思惑、チェルノブイリ原発事故による反原発機運の高まり、二〇一一年の福島の原発事故を受けた原発撤退の決定、エネルギーシフトまでを、ドイツを代表する環境歴史学者と原子炉安全委員長を務めた原子力専門家が政府・産業界・研究者へのインタビューと膨大な資料から描く。日本の戦後史を逆照射するドイツエネルギー史の大著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 第二次世界大戦の原爆製造プロジェクトから「原子力の平和利用」へ
  • 第2章 「原子力の平和利用」という幻想-思惑の局面
  • 第3章 つくり上げられた事実-計画にはなかった軽水炉の勝利
  • 第4章 原子力関係者が目をそらしたリスクが世の中に衝撃を与える
  • 第5章 忍び寄る没落から明らかな没落へ
  • 総決算と展望-エネルギー産業における構造改革と新しいタイプの担い手の必要性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力と人間の歴史
著作者等 Hahn, Lothar
Radkau, Joachim
小澤 彩羽
山県 光晶
長谷川 純
ハーン ロータル
山縣 光晶
ラートカウ ヨアヒム
書名ヨミ ゲンシリョク ト ニンゲン ノ レキシ : ドイツ ゲンシリョク サンギョウ ノ コウボウ ト シゼン エネルギー
書名別名 Aufstieg und Fall der deutschen Atomwirtschaft

ドイツ原子力産業の興亡と自然エネルギー
出版元 築地書館
刊行年月 2015.10
ページ数 475p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8067-1498-9
NCID BB19822866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22655511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想