限界費用ゼロ社会

ジェレミー・リフキン 著 ; 柴田裕之 訳

いま、経済パラダイムの大転換が進行しつつある。その原動力になっているのがIoT(モノのインターネット)だ。IoTはコミュニケーション、エネルギー、輸送の"インテリジェント・インフラ"を形成し、効率性や生産性を極限まで高める。それによりモノやサービスを1つ追加で生み出すコスト(限界費用)は限りなくゼロに近づき、将来モノやサービスは無料になり、企業の利益は消失して、資本主義は衰退を免れないという。代わりに台頭してくるのが、共有型経済だ。人々が協働でモノやサービスを生産し、共有し、管理する新しい社会が21世紀に実現する。世界的な文明評論家が、3Dプリンターや大規模オンライン講座MOOCなどの事例をもとにこの大変革のメカニズムを説き、確かな未来展望を描く。21世紀の経済と社会の潮流がわかる、大注目の書!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 市場資本主義から協働型コモンズへの一大パラダイムシフト
  • 第1部 資本主義の語られざる歴史(ヨーロッパにおける囲い込みと市場経済の誕生
  • 資本主義と垂直統合の蜜月
  • 資本主義のレンズを通して眺めた人間の本性)
  • 第2部 限界費用がほぼゼロの社会(極限生産性とモノのインターネットと無料のエネルギー
  • 3Dプリンティング-大量生産から大衆による生産へ
  • MOOCと限界費用ゼロ教育
  • 最後の労働者
  • 生産消費者の台頭とスマート経済の構築)
  • 第3部 協働型コモンズの台頭(コモンズの喜劇
  • 協働主義者は闘いに備える
  • インテリジェント・インフラの規定と支配をめぐる争い)
  • 第4部 社会関係資本と共有型経済(所有からアクセスへの転換
  • 社会関係資本のクラウドファンディング、民主化する通貨、人間味ある起業家精神、労働の再考)
  • 第5部 潤沢さの経済(持続可能な「豊穣の角」
  • 生物圏のライフスタイル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 限界費用ゼロ社会
著作者等 Rifkin, Jeremy
柴田 裕之
リフキン ジェレミー
書名ヨミ ゲンカイ ヒヨウ ゼロ シャカイ : モノ ノ インターネット ト キョウユウガタ ケイザイ ノ タイトウ
書名別名 THE ZERO MARGINAL COST SOCIETY

〈モノのインターネット〉と共有型経済の台頭

Genkai hiyo zero shakai
出版元 NHK
刊行年月 2015.10
ページ数 531p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-14-081687-5
NCID BB19840595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22656931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想