生体とエネルギーの物理 : 生命力のみなもと

日本物理学会 編

生物はとても複雑で、さまざまな側面をもっています。また、さまざまな見地から見ていかなければ、この複雑な生物を深く理解していくことは困難です。この本では、主に2つの見方から生物のエネルギー変換の問題を議論しました。第1のパートは生体膜と生体高分子の物理化学的性質について紹介し、第2のパートでは、太陽からの光エネルギーが生体エネルギーに変えられて行くプロセスをくわしく述べています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生命の理解のために
  • 2 生命のはじまりと脂質2分子膜
  • 3 生体膜の弾性力学
  • 4 スマートゲルと生命のみなもと
  • 5 生体エネルギー変換の戦略
  • 6 バクテリオロドプシンの光エネルギー変換
  • 7 地球を変えた生体の電子とプロトン移動
  • 8 チトクロム酸化酵素のはたらき
  • 9 ATP合成酵素の動力学
  • 10 地球生命系の発展と安定化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体とエネルギーの物理 : 生命力のみなもと
著作者等 神取 秀樹
伊藤 繁
八田 一郎
垣谷 俊昭
垣谷 宏子
宝谷 紘一
日本物理学会
木下 一彦
瀧口 金吾
田中 豊一
美宅 成樹
吉川 信也
安田 涼平
本田 誠
書名ヨミ セイタイ ト エネルギー ノ ブツリ : セイメイリョク ノ ミナモト
書名別名 Seitai to enerugi no butsuri
出版元 裳華房
刊行年月 2000.11
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 4785328169
NCID BA49541880
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20130134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想