通解方丈記

塚本哲三 著

[目次]

  • 目次
  • 解題
  • 一 方丈記の異本 / 7
  • 二 流布本の真偽 / 8
  • 三 作者長明の伝 / 16
  • 四 方丈記の内容 / 20
  • 五 方丈記の文章 / 21
  • 六 方丈記の註書 / 23
  • 行く川の流
  • 行く川のながれは絶えずして / 1
  • 玉敷の都の中に / 5
  • 知らず、生れ死ぬる人 / 9
  • およそ物の心を知れりしよりこのかた / 13
  • 安元の大火
  • いにし安元三年四月二十八日かとよ / 15
  • 吹き迷ふ風に / 21
  • 或は煙にむせびてたふれ伏し / 24
  • このたび公卿の家十六焼けたり / 26
  • 人のいとなみ、皆愚かなるなかに / 27
  • 治承の辻風
  • また治承四年卯月二十九日の頃 / 28
  • 家の損亡せるのみならず / 33
  • 都うつり
  • 又おなじ年の水無月の頃 / 35
  • されど、とかくいふかひなくて / 38
  • 軒を争ひし人のすまひ / 41
  • その時、おのづから事の便ありて / 44
  • 日々にこぼちて / 48
  • これは世の乱るゝ瑞相とか / 53
  • ほのかに伝へ聞くに / 56
  • 養和の飢饉
  • 又養和のころかとよ / 59
  • これによりて、国々の民 / 62
  • 京のならひ、何わざにつけても / 63
  • さきの年かくの如く、辛くして暮れぬ / 66
  • かくわびしれたるものども / 70
  • あやしき賤山がつも / 73
  • 又いとあはれなること侍りき / 77
  • 仁和寺に、隆暁法印といふ人 / 80
  • 近くは崇徳院の御位のとき / 84
  • 元暦の大地震
  • また元暦二年のころ / 86
  • 況や都の辺には / 89
  • その中に、ある武士のひとり子の / 91
  • かくおびたゞしくふる事は / 93
  • 四大種の中に / 95
  • 世のありにくきこと
  • すべて世のありにくきこと / 98
  • もしおのづから / 100
  • もし貧しくて / 103
  • もし狭き地に居れば / 105
  • 勢ある者は貧欲深く / 106
  • 出家
  • 我が身、父方の祖母の家を伝へて / 110
  • 之をありしすまひになずらふるに / 112
  • すべてあらぬ世を念じ過しつゝ / 114
  • 末葉のやどり
  • こゝに六十の露消えがたに及びて / 117
  • とかくいふ程に / 119
  • 日野山の閑居
  • いま日野山の奥に跡をかくして後 / 123
  • 傍に、箏、琵琶、おの[オノ]一張をたつ / 128
  • その所のさまをいはば / 131
  • 春は藤波を見る / 133
  • もし念仏ものうく / 136
  • もし跡の白波に身をよする朝には / 137
  • また麓に一つの柴の庵あり / 142
  • 或はつばなを抜き / 144
  • あゆみ煩ひなく / 146
  • もし夜静かなれば / 149
  • 閑居の気味
  • おほかた此の所に住み初めし時は / 152
  • ほど狭しといへども / 155
  • すべて世の人の住家をつくるならひ / 157
  • それ人の友たる者は / 159
  • 若しなすべきことあれば / 163
  • 今一身を分ちて、二つの用をなす / 164
  • 衣食のたぐひ、またおなじ / 167
  • おほかた世を遁れ、身を捨てしより / 169
  • それ三界はたゞ心一つなり / 171
  • もし人のこのいへることを疑はゞ / 174
  • 一期の月影
  • そも[ソモ]一期の月影傾きて / 175
  • しづかなる暁、この理を思ひつゞけて / 177
  • 異本方丈記 / 183
  • 索引 / 193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 通解方丈記
著作者等 塚本 哲三
書名ヨミ ツウカイ ホウジョウキ
書名別名 Tsukai hojoki
出版元 有朋堂
刊行年月 1952
版表示 新訂 10版
ページ数 206p
大きさ 19cm
NCID BN15293757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53000762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想