恋をしてはいけないゲーム、振られてもきみに恋をする  2

七烏未奏 著

求無を想いすぎて力が暴走し、何度も自殺していた律を説得した求無。その後求無は、初恋の人である涼香からちゃんとした"答え"を聞くために、そして"アカイイトゲーム"の解決のために、涼香の足取りを追っていた。そんなある日、失踪前の涼香が仲良くしていたという少女・冬憧凪に行き着く。ゲームは、当然のように彼女を参加者として迎え-奇しくも同じタイミングで、涼香が求無の前に姿を現す。一方で、胡桃の様子がどこかおかしかった。「-責任、取ってください」。新たな少女を迎え、赤い糸はより複雑に絡み合う。少年は、恋のゲームの最果てに辿り着けるのか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋をしてはいけないゲーム、振られてもきみに恋をする
著作者等 七烏未 奏
書名ヨミ コイ オ シテ ワ イケナイ ゲーム フラレテモ キミ ニ コイ オ スル
シリーズ名 MF文庫J な-06-07
巻冊次 2
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.10
ページ数 262p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-067936-5
全国書誌番号
22646634
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想