杜詩  第3冊

杜甫 著 ; 鈴木虎雄, 黒川洋一 訳注

[目次]

  • 目次
  • 新安の吏 / 9
  • 潼関の吏 / 13
  • 石壕の吏 / 16
  • 新婚の別れ / 20
  • 垂老の別れ / 24
  • 無家の別れ / 29
  • 興を遣る 三首 / 33
  • 花門を留む / 38
  • 佳人 / 43
  • 李白を夢む 二首 / 46
  • 興を遣る 五首(うち二首) / 50
  • 興を遣る 五首(うち三首) / 53
  • 秦州の雑詩 二十首 / 57
  • 月夜舎弟を憶う / 83
  • 天末にて李白を懐う / 84
  • 賛公が房に宿す / 87
  • 赤谷の西崦の人家 / 88
  • 西枝村に草堂を置く地を尋ね、夜賛公が土室に宿す 二首 / 89
  • 東楼 / 94
  • 雨晴る / 96
  • 寓目 / 97
  • 山寺 / 98
  • 懐いを遣る / 99
  • 天河 / 100
  • 初月 / 101
  • 衣を擣つ / 103
  • 促織 / 104
  • 螢火 / 106
  • 蒹葭 / 107
  • 苦竹 / 108
  • 架を除く / 109
  • 廃畦 / 111
  • 夕烽 / 112
  • 野望 / 113
  • 空囊 / 115
  • 病馬 / 116
  • 蕃剣 / 117
  • 銅瓶 / 118
  • 送遠 / 120
  • 秋日阮隠居薤三十束を致す / 121
  • 秦州にて勅目を見るに、薛三璩は司議郎を授けられ、畢四曜は監察に除せらる。二子と故あり、遠く遷官を喜び、兼ねて索居を述ぶ。凡そ三十韻なり / 122
  • 岳州の賈司馬六丈、巴州の厳八使君、両閣老に寄す 五十韻 / 132
  • 張十二山人彪に寄す 三十韻 / 146
  • 李十二白に寄す 二十韻 / 156
  • 思う所 / 162
  • 両当県の呉十侍御が江上の宅 / 164
  • 秦州より発す / 169
  • 鉄堂峡 / 172
  • 塩井 / 175
  • 寒峡 / 176
  • 法鏡寺 / 178
  • 青陽峡 / 180
  • 竜門鎮 / 182
  • 石龕 / 184
  • 乾元中、同谷県に寓居し、歌を作る 七首 / 186
  • 万丈潭 / 196
  • 水会渡 / 200
  • 飛仙閣 / 202
  • 竜門閣 / 204
  • 石櫃閣 / 206
  • 桔柏渡 / 207
  • 剣門 / 209
  • 成都府 / 212
  • 第三冊のあとに・(小川環樹) / 215

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 杜詩
著作者等 杜 甫
鈴木 虎雄
黒川 洋一
書名ヨミ トシ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次 第3冊
出版元 岩波書店
刊行年月 1965
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 400320042X
4003200438
4003200446
4003200454
4003200462
4003200470
4003200489
4003200411
NCID BN00972245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65005683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想