北條民雄小説随筆書簡集

北條民雄 [著]

ハンセン(癩)病院で重病者の姿に慄然とした主人公は、生命を根源から問う壮絶な一夜を過ごす(「いのちの初夜」)。当時は不治とされたハンセン病を一八歳で発病した著者は、夭逝するまでの数年間に、「間木老人」「癩院受胎」「癩家族」などを次々に発表、文学界に衝撃を与えた。その作品群と、彼を高く評価し支え続けた川端康成らとの書簡を収録。死に直面する極限状況で創作と格闘した天才の、魂の軌跡。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北條民雄小説随筆書簡集
著作者等 北条 民雄
書名ヨミ ホウジョウ タミオ ショウセツ ズイヒツ ショカンシュウ
シリーズ名 講談社文芸文庫 ほE1
出版元 講談社
刊行年月 2015.10
ページ数 644p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290289-2
NCID BB19698916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22637899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想