揺れる大欧州

アンソニー・ギデンズ [著] ; 脇阪紀行 訳

ギリシャのユーロ離脱を願う経済至上主義の声、極右政党のEU懐疑論、民主的な正当性を欠くEU統治に「怒れる人々」や「五つ星運動」。分断と紛争が大陸に再来するのか。EUの機能不全を、平常時の正式な「EU1」、メルケル独首相が主導する緊急時の「EU2」、野心的だが実行を伴わない「紙のヨーロッパ」、この三つの道具立てにより分析。反緊縮の福祉モデル、移民と市民、気候変動、安全保障の再考を迫る。英国政治の「第三の道」路線を欧州規模で追求する変革のためのビジョンがここに-。2014年ヨーロッパブック賞受賞の話題作!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 運命共同体としてのEU
  • 第2章 緊縮政策とその影響
  • 第3章 社会モデルはもうなくなったのか
  • 第4章 世界市民に必要なこと
  • 第5章 気候変動とエネルギー
  • 第6章 EUの安全保障政策の行方
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 揺れる大欧州
著作者等 Giddens, Anthony
脇阪 紀行
ギデンズ アンソニー
書名ヨミ ユレル ダイオウシュウ : ミライ エノ ヘンカク ノ トキ
書名別名 TURBULENT AND MIGHTY CONTINENT

未来への変革の時

Yureru daioshu
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.10
ページ数 241,18p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-025421-2
NCID BB19684478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22666179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想