カンディード

ヴォルテール 著 ; 斉藤悦則 訳

楽園のような故郷を追放された若者カンディード。恩師パングロスの「すべては最善である」の教えを胸に、リスボンの大地震、戦乱、盗賊や海賊の襲撃など、度重なる災難に立ち向かうのだが…。18世紀啓蒙思想家ヴォルテールの代表作。「リスボン大震災に寄せる詩」を完全訳で収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カンディード
  • リスボン大震災に寄せる詩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カンディード
著作者等 Voltaire
Voltaire, François Marie Arouet de
斉藤 悦則
ヴォルテール
書名ヨミ カンディード
書名別名 CANDIDE

Kandido
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KAウ8-1
出版元 光文社
刊行年月 2015.10
ページ数 293p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75319-1
NCID BB19675637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22650112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想