日本庭園の歴史と文化

小野健吉 著

古代の庭園遺構から寺院・貴族・大名らの庭園、そして近代庭園まで。庭園研究の多彩な成果をカラー図版とともに紹介。様々な時代背景や造園意図のもと、豊かな風土の中で育まれた日本庭園の歴史と文化を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 飛鳥・奈良時代の庭園遺構と東院庭園
  • 第2章 平安時代初期における離宮の庭園-神泉苑と嵯峨院をめぐって
  • 第3章 臨池伽藍の系譜と浄土庭園
  • 第4章 『春日権現験記絵』に描かれた藤原俊盛邸の庭園
  • 第5章 永禄八年の京都の庭園の形態と機能-フロイス『日本史』の記述から
  • 第6章 醍醐三宝院の作庭-『義演准后日記』の記述から
  • 第7章 『江戸図屏風』に描かれた寛永期の江戸の庭園
  • 第8章 平安神宮神苑築造記録から読む小川治兵衛と近代京都造園事情

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本庭園の歴史と文化
著作者等 小野 健吉
書名ヨミ ニホン テイエン ノ レキシ ト ブンカ
書名別名 Nihon teien no rekishi to bunka
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.10
ページ数 182p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-01651-3
NCID BB19695882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22648433
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想