世界史のなかの東アジア

汪暉 著 ; 丸川哲史 編訳

[目次]

  • 第1章 政治と社会の断裂-現代政治における代表性の危機とは何か(グローバル政治における代表性の危機
  • 二〇世紀中国における代表性の政治原理の再構築
  • 「ポスト政党政治」の条件
  • 理論に関する議論と政党の「自己革命」
  • 人民戦争と大衆路線
  • 階級再編と階級政治の衰退
  • 「ポスト政党政治」と憲政改革の方向)
  • 第2章 二〇世紀中国史という視野における朝鮮戦争(「中国、朝鮮、東方、そして世界に有利である」-朝鮮戦争の歴史条件
  • 人民戦争から国際主義同盟戦争への転向における政治的意義)
  • 第3章 現代中国史の巨大な変化の中の台湾問題-二〇一四年台湾「ひまわり運動」を切り口として(両岸政治関係における危機と統一派の衰退
  • 反サービス貿易運動と反TPP
  • 政治アイデンティティの最重要性と二つの規則の衝突)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界史のなかの東アジア
著作者等 丸川 哲史
倉重 拓
汪 暉
羽根 次郎
書名ヨミ セカイシ ノ ナカ ノ ヒガシアジア : タイワン チョウセン ニホン
書名別名 台湾・朝鮮・日本
出版元 青土社
刊行年月 2015.10
ページ数 195p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6882-0
NCID BB1966691X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22647875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想