回想の人類学

山口昌男 著 ; 川村伸秀 聞き手

1970年代に現代思想の最先端をリードした稀代の文化人類学者・山口昌男の自伝的インタヴュー。本書は、個人雑誌『山口昌男山脈』に連載した前半(第5章まで)に、雑誌休刊後も続けられたインタヴュー(未発表)を加えて構成した。数多くの図版、写真に加え、著者が海外から日本の親しい編集者に送った私的通信や単行本未収録の文章も併せて収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二つの誕生日
  • 郷土博物館に住む
  • 絵筆とフルート
  • 都立大学大学院で人類学を学ぶ
  • アフリカにて-1963‐1968
  • パリの異邦人-1968‐1970
  • パリ、再び-1970‐1973
  • オックスフォードからインドネシアまで-1973‐1975
  • 対談行脚-1975‐1977
  • エル・コレヒオ・デ・メヒコで客員教授-1977‐1978
  • カトリック大学でも客員教授-1978‐1979
  • NYとフィラデルフィアの二重生活-1979‐1980

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回想の人類学
著作者等 山口 昌男
川村 伸秀
書名ヨミ カイソウ ノ ジンルイガク
書名別名 Kaiso no jinruigaku
出版元 晶文社
刊行年月 2015.9
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7949-6891-3
NCID BB19598911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22645280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想