日本の社会保障、やはりこの道でしょ!

都留民子, 唐鎌直義 著

赤ちゃんから高齢者まで、すべての世代にわたり日本の社会保障はかつてない危機に陥っている。「自己責任」という新自由主義的押し付けから抜け出し、本当の社会権を獲得するための道すじを示唆する本音トークをあなたはどう受け止めるか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対談 社会保障と運動、本当の話(学生・青年に広がる貧困
  • 労働者の貧困・労働への過剰な依存
  • 労働者の企業主義 ほか)
  • 第2章 日本の貧困と生活保護(近代的貧困とは「労働者・勤労者の貧困」
  • 筑豊・大牟田の住民調査から
  • フランスの生活保護は世帯の14%、人口の10%が扶助受給者 ほか)
  • 第3章 自己責任社会と社会保障のあるべき姿(自己責任社会-賃金依存度が高まる日本の生活構造
  • 「格差」と「貧困」に対処しない日本の社会保障
  • 市場万能主義の例1-住宅形成の自己責任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の社会保障、やはりこの道でしょ!
著作者等 唐鎌 直義
都留 民子
書名ヨミ ニホン ノ シャカイ ホショウ ヤハリ コノ ミチ デショ : ワタクシタチ イッチャイマス
書名別名 私たち言っちゃいます
出版元 日本機関紙出版センター
刊行年月 2015.9
ページ数 200p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88900-923-1
NCID BB19638164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22642510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想