戦国大名論

村井良介 著

戦国時代、大名の配下にありながら、「家中」と「領」をもつ者がいた。戦国領主と呼ばれる存在である。大名の生命線は、彼らをいかに統制するかにあった。暴力の時代にあって、いかに支配を安定させたのか。暴力と法のせめぎ合いから、新しい権力が誕生した。群雄割拠の時代を権力論の視点から読み直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ひきさかれた戦国大名像
  • 第1章 戦国領主とはどういう存在か
  • 第2章 戦国大名と戦国領主
  • 第3章 暴力と正当性
  • 第4章 権力関係の流動と固定
  • 終章 戦国を見る目、現代を見る目

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国大名論
著作者等 村井 良介
書名ヨミ センゴク ダイミョウロン : ボウリョク ト ホウ ト ケンリョク
書名別名 暴力と法と権力

Sengoku daimyoron
シリーズ名 講談社選書メチエ 607
出版元 講談社
刊行年月 2015.9
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258610-8
NCID BB19454241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22644449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想