存在と時間  1

ハイデガー 著 ; 中山元 訳

「存在(ある)」とは何を意味するのか?古代ギリシア以来の問いを「時間」において捉え、現象学的解釈によって解き明かそうとしたハイデガーの主著。1927年の刊行以来、哲学の領域を超えてさまざまな分野に大きな影響を与え続ける20世紀最大の書物。第1巻は序論までを収録(全8巻)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 存在の意味への問いの提示(存在の問いの必然性、構造、優位
  • 存在への問いを遂行するための二重の課題。探求の方法とその構図)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 存在と時間
著作者等 Heidegger, Martin
中山 元
ハイデガー マルティン
書名ヨミ ソンザイ ト ジカン
書名別名 SEIN UND ZEIT

Sonzai to jikan
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KBハ1-1
巻冊次 1
出版元 光文社
刊行年月 2015.9
ページ数 466p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75317-7
NCID BB19451345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22621291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想