租税回避研究の展開と課題

岡村忠生 編著

租税回避に関する学術研究の進展と現状を様々な角度から捉え今後の動向を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 租税回避と税法の解釈適用方法論-税法の目的論的解釈の「過形成」を中心に
  • 租税回避否認の意義と要件
  • 租税回避と個別的否認規定
  • 所得の振替と帰属判定基準
  • 組織再編成と租税回避
  • 相続税・贈与税の租税回避と立法的対処の限界
  • 公正処理基準と租税回避
  • 税理士と租税回避-税理士法の視点から
  • 租税回避行為と包括的租税回避否認規定-ニュージーランド版GAARを参考に
  • 「租税回避」防止立法としての法人税法23条3項
  • 租税回避研究の意義と発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 租税回避研究の展開と課題
著作者等 岡村 忠生
書名ヨミ ソゼイ カイヒ ケンキュウ ノ テンカイ ト カダイ
書名別名 Sozei kaihi kenkyu no tenkai to kadai
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2015.9
ページ数 346p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07326-9
NCID BB1942989X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22637638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想