國語國文

京都大学文学部国語学国文学研究室 編

この本の情報

書名 國語國文
著作者等 京都大学文学部
書名ヨミ コクゴ コクブン : キダ アキヨシ キョウジュ タイショク キネン トクシュウ
書名別名 木田章義教授退職記念特輯
出版元 臨川書店
刊行年月 2015.5
ページ数 601p
大きさ 22cm
全国書誌番号
22616859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『古事記』の成書過程と『帝王世紀』 王小林
『名語記』と『色葉字類抄』続考 小林雄一
『日葡辞書』の四字熟語に関する一考察 李安九
『日韓通話』と明治期韓国語学習書 李康民
『松浦宮物語』と『萬葉集』巻五 奥村和美
『源氏物語』における「がまし」形容詞の発展 本廣陽子
さまざまな遺言 木田章義
ウイグル文字で音写された漢語文献「寅朝清淨偈」の一断片について アブドリシット・ヤコブ
キリシタン手稿類のヅ表記とその周辺 川口敦子
マンジュ語地図とシベリア古地図との出会い 承志
ロドリゲス『日本小文典』のフランス語訳 (1825) について 小鹿原敏夫
上代における接尾辞ムとブをめぐって 大秦一浩
上杉定勝自筆『節用集写』について 佐々木紀一
京都大学文学研究科蔵『無名字書』解題 森下真衣
内閣文庫本古今和歌集注の伝本・奥書・成立 舟見一哉
叙想的テンスの出現条件 福田嘉一郎
古辞書を使うということ 大槻信
存在文の分類をめぐって 丹羽哲也
安蔵・ウイグル語訳『華厳経』の翻訳法について 阿依達爾・米爾卡馬力
富士谷成章の六運説と御杖 野口隆
寛永十五年刊『真草二行節用集』の辞書編纂法 土居文人
日葡辞書の優劣注記を通して見た羅葡日辞書の日本語訳 岸本恵実
明治期演説速記の成立過程 Albeker András Zsigmond
春庭は「あゆひ抄」を書写したのか 竹田純太郎
木田章義教授退職記念特輯. 第1 (第4号)
木田章義教授退職記念特輯. 第2 (第5号)
苗代川本『対談秘密手鑑』の研究 朴真完
萬葉集における表記体と用字法について 佐野宏
通時態から共時態へ. その2 野村剛史
連体形結びの役割 蔦清行
非漢字圏の言語であるモンゴル語の近代語彙受容 フフバートル
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想