〈オウム真理教〉を検証する

井上順孝 責任編集 ; 宗教情報リサーチセンター 編

地下鉄サリン事件から20年。事件への記憶と関心が薄れゆくなか、今日の問題として多角的な視点からオウムを考究し、その深層をえぐり出す。"宗教"と"人間"を考えるうえで必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 麻原言説の解読
  • 第2章 引き返せない道のり-なぜ麻原の側近となり犯罪に関与していったのか
  • 第3章 疑念を押しとどめるもの-脱会信者の手記にみるウチとソトの分岐点
  • 第4章 科学を装う教え-自然科学の用語に惑わされないために
  • 第5章 暴力正当化の教えに直面したとき-何をよりどころに考えるか
  • 第6章 メディア報道への宗教情報リテラシー-「専門家」が語ったことを手がかりに
  • 第7章 学生たちが感じたオウム真理教事件-宗教意識調査の一六年間の変化を追う
  • 第8章 今なおロシアで続くオウム真理教の活動-日本とロシアの並行現象
  • 特別寄稿 地下鉄サリン事件遺族の二〇年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈オウム真理教〉を検証する
著作者等 井上 順孝
国際宗教研究所宗教情報リサーチセンター
宗教情報リサーチセンター
RIRC
書名ヨミ オウム シンリキョウ オ ケンショウ スル : ソノ ウチ ト ソト ノ キョウカイセン
書名別名 そのウチとソトの境界線
出版元 春秋社
刊行年月 2015.8
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-29928-9
NCID BB19359229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22638033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想