縄文の生活誌

岡村道雄 著

五千五百年前、三内丸山ムラには、五百人近い人びとが、食料を栽培・貯蔵する技術を持ち、自然の恵みとともに生きていた。衣食住から生と死まで、等身大の姿を「物語」をまじえて再現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「原人」たちの秋-前・中期の旧石器時代
  • 第2章 「新人」たちの登場-後期旧石器時代
  • 第3章 縄文文化の成立
  • 第4章 三内丸山遺跡の生活誌
  • 第5章 関東・中部地方の縄文集落
  • 第6章 縄文人の一年-前・中期定住社会の生活基盤
  • 第7章 縄文人の一生-生と死と祈りの心情
  • 第8章 大規模集落の解体と祭祀的社会
  • 第9章 「縄文時代の終わり」は、何を意味するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文の生活誌
著作者等 岡村 道雄
書名ヨミ ジョウモン ノ セイカツシ
書名別名 Jomon no seikatsushi
シリーズ名 日本の歴史 第1巻
出版元 講談社
刊行年月 2000.10
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 4062689014
NCID BA48758413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20122141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想