忘れられた島々

井上亮 著

西太平洋の広大な海域に点在する、六〇〇を超える島々。日本は太平洋戦争に敗れるまでの約三〇年間、現在ミクロネシアと呼ばれる、この「南洋群島」を事実上の領土として支配した。「楽園」といわれた島々は太平洋戦争で玉砕・集団自決の悲劇の舞台となった。「海の生命線」として戦略的に重要視されつつ、その後は忘却されてきた島々を通史的に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本帝国の南進
  • 第2章 冒険ダン吉と三等国民
  • 第3章 海の生命線
  • 第4章 楽園と死の美学
  • 第5章 日本を焼き尽くす砲台
  • 第6章 水爆の海
  • 第7章 「南洋帰り」の戦後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘れられた島々
著作者等 井上 亮
書名ヨミ ワスレラレタ シマジマ : ナンヨウ グントウ ノ ゲンダイシ
書名別名 「南洋群島」の現代史
シリーズ名 平凡社新書 783
出版元 平凡社
刊行年月 2015.8
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85783-2
NCID BB19310740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22697942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想