異常検知と変化検知

井手剛, 杉山将 著

気になるところからするする読める。異常や変化を実際に検知する現実世界の分析者向け。アルゴリズムとその活用例を広範囲に紹介。考え方やモデルの「気持ち」を丁寧に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 異常検知・変化検知の基本的な考え方
  • ホテリングのT2法による異常検知
  • 単純ベイズ法による異常検知
  • 近傍法による異常検知
  • 混合分布モデルによる逐次更新型異常検知
  • サポートベクトルデータ記述法による異常検知
  • 方向データの異常検知
  • ガウス過程回帰による異常検知
  • 部分空間法による変化検知
  • 疎構造学習による異常検知
  • 密度比推定による異常検知
  • 密度比推定による変化検知

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異常検知と変化検知
著作者等 井手 剛
杉山 将
書名ヨミ イジョウ ケンチ ト ヘンカ ケンチ
書名別名 Anomaly Detection and Change Detection
シリーズ名 機械学習プロフェッショナルシリーズ / 杉山将 編
出版元 講談社
刊行年月 2015.8
ページ数 178p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-152908-3
NCID BB19245944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22636057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想