物理学は歴史をどう変えてきたか

アン・ルーニー 著 ; 立木勝 訳

本書は、物理学の発展を、古代ギリシャの自然哲学から最先端の量子力学の実験まで、250点を超える豊富で貴重な図版を駆使してたどっていく。そして物理学が人類に何をもたらしてきたか、その原点を見つめ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 物は何でできているのか
  • 2 光を操る-光学の歩み
  • 3 質量の動きを記述する-力学の歩み
  • 4 エネルギー-場と力
  • 5 原子の中へ
  • 6 星に手を伸ばす
  • 7 つながる空間と時間
  • 8 未来の物理学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学は歴史をどう変えてきたか
著作者等 Rooney, Anne
立木 勝
ルーニー アン
書名ヨミ ブツリガク ワ レキシ オ ドウ カエテ キタカ : コダイ ギリシャ ノ シゼン テツガク カラ アンコク ブッシツ ノ ナゾ マデ
書名別名 THE STORY OF PHYSICS

古代ギリシャの自然哲学から暗黒物質の謎まで
出版元 東京書籍
刊行年月 2015.8
ページ数 215p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-487-80929-5
NCID BB19374823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22631696
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想