日本鉄道歌謡史  1 (鉄道開業~第二次世界大戦)

松村洋 [著]

"近代"を乗せ、歌のなかを汽車が行く。旅、駅、電車、都市と故郷、戦争…。鉄道を歌った流行り歌や愛唱歌を聴きながら、近代日本人の歩みをたどる歌謡史戦前編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 鉄道という異物(しょんがいな(しょんがえ節) 一八七二年頃
  • 開化気楽謡 一八七三年頃 ほか)
  • 2 鉄道の旅(戒青年(欣舞節)(詞・横江鉄石) 一八九一〜九二年頃
  • 東北漫遊(愉快節)(詞・酔郷学人) 一八九五〜九七年頃 ほか)
  • 3 都市を行く電車(スカラーソング(詞・神長瞭月/曲・滝廉太郎) 一九〇九年頃
  • 電車問題市民と会社(詞・不知山人/曲・のむき山人) 一九〇六年 ほか)
  • 4 戦争と鉄道(日本陸軍(詞・大和田建樹/曲・深沢登代吉) 一九〇四年
  • 鴨緑江節(詞・岡田三面子/伝承曲) 一九二〇年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本鉄道歌謡史
著作者等 松村 洋
書名ヨミ ニホン テツドウ カヨウシ
巻冊次 1 (鉄道開業~第二次世界大戦)
出版元 みすず書房
刊行年月 2015.8
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07934-7
NCID BB19326966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22632785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想