人口減少時代のマンションと生きる

飯田太郎, 保坂義仁, 大沼健太郎 著

10人にひとりが暮らすマンションに、やがて迫り来る、住民とマンションの「二つの老い」。管理会社任せにせず、自分たちで考える、維持管理から、資産管理、コミュニティ、そして「終活」まで。人口減少社会を生き抜くマンションのつくり方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人口減少社会のなかのマンション(「人口減少」待ったなし
  • データで見る人口・世帯数の見通し ほか)
  • 第2章 マンションの「一生」とその間のリスク(マンションの「一生」
  • マンションが一生を全うするために必要なヒト・カネ・ルール・モノ ほか)
  • 第3章 マンションの終活(終活・再生期を迎えた第一世代マンション
  • 終活と再生の選択肢 ほか)
  • 第4章 居住者ができるマンションの資産管理と経営(マンションの資産価値が危ない
  • マンションの「会計」うぃ正しく知る ほか)
  • 第5章 マンションの「将来ビジョン」を考える(第一世代の悲劇を繰り返さないために
  • 将来ビジョンをつくる意味 ほか)
  • 終章 マンションと生きる(住まいのかたちと共同体
  • マンションの登場 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人口減少時代のマンションと生きる
著作者等 保坂 義仁
大沼 健太郎
飯田 太郎
書名ヨミ ジンコウ ゲンショウ ジダイ ノ マンション ト イキル
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2015.8
ページ数 182p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-306-03376-4
NCID BB19555023
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22638978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想