植手通有集  3

植手通有 著

丸山真男は、時代の状況に深く根ざしながら日本政治思想の何を書き、何を書かなかったのか。丸山の最も近くにいた筆者が、丸山の時代と学問を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 敗戦まで(研究者になるまで
  • 徳川思想史
  • 敗戦までの福沢研究)
  • 第2部 敗戦直後(研究の二つの焦点
  • 日本ファシズム研究
  • 明治思想史
  • 福沢諭吉研究
  • 日本文化論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植手通有集
著作者等 植手 通有
書名ヨミ ウエテ ミチアリ シュウ
書名別名 丸山真男研究 : その学問と時代

Uete michiari shu
巻冊次 3
出版元 あっぷる出版社
刊行年月 2015.7
ページ数 267p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87177-332-4
NCID BB19173275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22606846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想