驚きの皮膚

傳田光洋 著

皮膚には視覚、聴覚があり、あるいは、記憶し、予知する力がある。その知られざる「皮膚感覚」を説く気鋭の皮膚研究者が、村上春樹のエルサレム・スピーチを引用するとき、私たちが「裸のサル」になった本当の理由と運命が明らかになる-。知的にしてスリリング!ページをめくる指先の快感!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 境界に存在する知能
  • 第2部 皮膚について
  • 第3部 皮膚の見えざる能力
  • 第4部 皮膚とこころ
  • 第5部 皮膚がもたらした人間の機能
  • 第6部 システムと個人のこれから
  • 第7部 芸術と科学について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 驚きの皮膚
著作者等 傳田 光洋
書名ヨミ オドロキ ノ ヒフ
出版元 講談社
刊行年月 2015.7
ページ数 233p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-219613-0
NCID BB19254719
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22626283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想