宰相鈴木貫太郎の決断

波多野澄雄 著

「一介の武弁」を自他ともに任じていた鈴木首相は、未曽有の危機にあった日本の政治運営を担う。その鈴木は何ゆえに、決戦にはやる陸軍を抑えて、あえて憲法体制を逸脱しかねない「聖断」という危うい形を選択して戦争を終わらせることができたのだろうか?鈴木は戦争に正邪を認めず、「アジアの解放」や「新秩序の建設」を終戦の論理に絡ませず「日米戦争」の収拾に的を絞った。鈴木が選択した終戦の形は戦後日本に何をもたらしたのだろうか?終戦時の鈴木は、耳も遠く、老いて強力な指導力を欠き、その立場も動揺気味であったとの評価に見直しを迫る、新たな終戦史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 組閣と対ソ外交
  • (鈴木首班の浮上
  • 近衛文麿の終戦論 ほか)第2章 鈴木内閣と対米工作(大東亜大使会議宣言と重慶工作
  • 「無条件降伏」と対日メッセージ ほか)
  • 第3章 徹底抗戦論の波紋(迷走する「国策転換」構想
  • 臨時議会と戦時緊急措置法 ほか)
  • 第4章 「時局収拾試案」と対ソ交渉(木戸と「時局収拾試案」
  • 天皇の決意 ほか)
  • 第5章 近衛特使案とポツダム宣言(近衛特使案と「天皇親書」
  • 和平交渉案 ほか)
  • 第6章 第一回聖断-二つの「外圧」(ソ連参戦と原爆
  • 八月九日の「聖断」 ほか)
  • 第7章 バーンズ回答と第二回聖断(バーンズ回答をめぐる葛藤
  • 再照会論 ほか)
  • 第8章 終戦と「国体」問題(「聖断」の構造
  • 「聖断」の波紋)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宰相鈴木貫太郎の決断
著作者等 波多野 澄雄
書名ヨミ サイショウ スズキ カンタロウ ノ ケツダン : セイダン ト センゴ ニホン
書名別名 「聖断」と戦後日本

Saisho suzuki kantaro no ketsudan
シリーズ名 岩波現代全書 069
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.7
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029169-9
NCID BB1909507X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22630596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想