村野藤吾の建築

村野藤吾 [著] ; 松隈洋 監修

建築の「原罪」を考え続けた村野藤吾。再評価の機運高まる今、その世界観に迫る。精巧模型、設計原図、村野の言葉、対談(長谷川堯×松隈洋)、掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 対談 村野藤吾が現代に遺したもの 長谷川堯×松隈洋
  • 建築の心と力-村野藤吾の設計原図が伝え育むもの 松隈洋
  • 1 1920‐1930年代
  • 2 1940年代
  • 3 1950年代
  • 4 1960年代
  • 5 1970年代
  • 6 1980年代
  • 模型から村野藤吾を考える 笠原一人
  • 村野建築教室-"建築を視ること"から生まれる関係の広がり 降旗千賀子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 村野藤吾の建築
著作者等 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
村野 藤吾
松隈 洋
目黒区美術館
笠原 一人
降旗 千賀子
森 かおる
書名ヨミ ムラノ トウゴ ノ ケンチク : モケイ ガ カタル ホウジョウ ナ セカイ
書名別名 THE PROLIFIC WORLD of TOGO MURANO ARCHITECTURAL MODELS

THE PROLIFIC WORLD of TOGO MURANO ARCHITECTURAL MODELS : 模型が語る豊饒な世界
出版元 青幻舎
刊行年月 2015.8
ページ数 239p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-86152-500-1
NCID BB19558473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22633428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想