写真幻想

ピエール・マッコルラン 著 ; 昼間賢 訳

澁澤龍彦らが愛した伝説的な文人の手になる、もうひとつの「写真小史」。「社会的幻想」を鍵語に、アジェ、クリュル、ケルテス、カーアン、カルティエ=ブレッソン、シュタイナート、ロニスなどに通底する戦間期ヨーロッパの根源的な不安の影を、また、かれらの作品に透けて見えるパリの街を、味わい深い独特の文体で自在に描く。写真批評黎明期ならではの豊かな果実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 写真篇
  • テクスト篇(気分が優れなかったので…
  • 写真屋
  • 想像の文芸と写真
  • 写真と社会的幻想
  • 写真-社会的幻想の諸要素
  • 写真2
  • グラフィックデザイン
  • パリの写真家、アジェ
  • 『無効の告白』の余白に
  • パリ風俗史
  • ジェルメーヌ・クリュル-街路の感情とその付随物
  • 写真、すなわち批評の道具。いくつかの密かな兆候
  • アンドレ・ケルテスの見たパリ
  • アジェ
  • 写真と世界の詩情
  • 光の加減
  • ベルヴィルとメニルモンタン
  • 中心街の探検ガイド
  • 合せ鏡
  • ヴァルタ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 写真幻想
著作者等 MacOrlan, Pierre
昼間 賢
マッコルラン ピエール
書名ヨミ シャシン ゲンソウ
書名別名 Écrits sur la photographie

Shashin genso
出版元 平凡社
刊行年月 2015.7
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-582-23124-3
NCID BB19189286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22693714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想