発達研究の旅

田中道治 著

教育は子どもの主体性が土台。子どもの発達を促す教育指導のあり方を探ることを目標として、アメリカ・エール大学のジグラーらとの交流と発達研究の体系から教育実践への示唆を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 エール大学留学と研究交流(ジグラーからのメール
  • 発達研究の動機
  • ニューヘイブン到着
  • エール大学の歴史
  • アメリカ心理学会に参加する
  • 研究のはじまり ほか)
  • 第2部 発達研究と教育実践への示唆(なぜもてる能力を十分活用できないのか
  • 発達‐差異論争と動機づけの問題
  • 教育実践への示唆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達研究の旅
著作者等 田中 道治
書名ヨミ ハッタツ ケンキュウ ノ タビ : エール ダイガク デノ ケンキュウ セイカツ ト キョウイク ジッセン エノ シサ
書名別名 Journey of "Research of Development"

Journey of "Research of Development" : エール大学での研究生活と教育実践への示唆
出版元 クリエイツかもがわ
刊行年月 2015.7
ページ数 156p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86342-168-4
NCID BB19387519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22619809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想