知識の社会史  2 (百科全書からウィキペディアまで)

ピーター・バーク 著 ; 井山弘幸 訳

グーテンベルクから百科全書、そしてウィキペディアまで。知はいかにして商品となり、資本主義世界に取り入れられたか?探検、遺跡発掘、博物館、美術館、万博、百科事典から、蒸気、鉄道、電信、コピー機、ラジオ・テレビ、コンピュータ、そしてインターネットまで、様々のエピソードを題材に展開する「知の一大パノラマ」-完結!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 知識の実践(知識を集める
  • 知識を分析する
  • 知識を広める
  • 知識を使う)
  • 第2部 進歩の代価(知識を失う
  • 知識を分割する)
  • 第3部 三つの次元における社会史(知識の地理学
  • 知識の社会学
  • 知識の年代学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知識の社会史
著作者等 Burke, Peter
井山 弘幸
バーク ピーター
書名ヨミ チシキ ノ シャカイシ
書名別名 A SOCIAL HISTORY OF KNOWLEDGE.2
巻冊次 2 (百科全書からウィキペディアまで)
出版元 新曜社
刊行年月 2015.7
ページ数 534p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1433-1
NCID BB1923445X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22597454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想