それでも酔ってません

大竹聡 著

酒呑みエッセイの最高峰、待望の第三弾。「ぜんぜん」酔ってない状態からスタートし、「まだまだ」酔ってないと豪語した前回。そして今回は「それでも」酔ってない、と言い張る酔っ払いたちの喜怒哀楽、酩酊エピソードが満載。酔って読むもよし、読んでから酔うもよし。酒のお供にぜひご一読いただきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • それでも酔ってません前編(ハーフ美女の隣で頭の中が空っぽ酒だ!
  • 朦朧としているのは花粉のせいなのさ
  • 五日間の家飲みと週末の大反動について
  • 娘の就職を泥酔で祝う父とは私だ!
  • 出てきたからにはタダでは帰らぬ中年ふたり ほか)
  • それでも酔ってません後編(名バーテンダー逝って、温かい思い出だけ残る
  • 会津酒蔵取材は、なんとも幸福な飲みっぱなし旅
  • 正月早々、おみくじに弄ばれて深酒・凶相男になる
  • 飲み方がだらしなくなったので、ひとり酒で出直しを
  • 飲みっぱなしの一週間の締めくくりは風呂上がりビール ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 それでも酔ってません
著作者等 大竹 聡
書名ヨミ ソレデモ ヨッテマセン
シリーズ名 酒呑みおじさんは今日も行く お-32-04
双葉文庫 お-32-04
出版元 双葉社
刊行年月 2015.7
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-575-71440-1
全国書誌番号
22595653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想