日韓併合期ベストエッセイ集

鄭大均 編

日韓併合の時代に、人々はなにを感じ、なにを考えていたのか。印象的なのは、この時代を生きる人々が、自明のことのように、海を越え、それぞれの人生を切り拓く姿であろうか。私たちはどのような時代に生きていても、「良いひと」に出会い、「美しいもの」に出会うことができる。日韓併合の時代を知ることは今日の日韓関係を理解するにも有益である。幼少期の思い出から、文化、自然まで、名エッセイを集めた文庫オリジナルアンソロジー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子どもたちの朝鮮
  • 第2章 朝鮮の少年たち、日本へ行く
  • 第3章 こんな日本人がいた
  • 第4章 出会い八景
  • 第5章 作家たちの朝鮮紀行
  • 第6章 街と風景と自然
  • 第7章 朝鮮を見て、日本をふり返る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日韓併合期ベストエッセイ集
著作者等 五木 寛之
任 文桓
佐多 稲子
全 鎮植
宇垣 一成
安倍 能成
安岡 章太郎
島木 健作
日野 啓三
李 孝石
柳 宗悦
森安 連吉
森崎 和江
泉 靖一
浅川 巧
田中 明
石島 雉子郎
藤田 亮策
谷崎 潤一郎
鄭 大均
金 史良
金 素雲
書名ヨミ ニッカン ヘイゴウキ ベスト エッセイシュウ
書名別名 Nikkan heigoki besuto esseishu
シリーズ名 ちくま文庫 て14-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.7
ページ数 442p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43282-7
NCID BB1909272X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22641710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想