天正壬午の乱

平山優 著

戦国の世に生き残りをかけて勃発した、武田遺領をめぐる徳川・北条・上杉氏の熾烈な戦い。全領主に勢力拡大の機会が訪れた稀有の大乱の経過や、国衆・一揆の動向など新事実を加え、再び江湖に問う。写真・図版も充実の増補改訂版!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 武田勝頼滅亡と本能寺の変(武田勝頼の滅亡
  • 武田領国の解体
  • 本能寺の変)
  • 第2章 各勢力、動き出す(上野の情勢
  • 甲斐・信濃の情勢
  • 徳川家康の動向
  • 北条氏直の動向
  • 上杉景勝の動向)
  • 第3章 三者鼎立(徳川家康、窮地に陥る
  • 北条氏直の甲斐侵攻
  • 上杉景勝、北信濃を固める)
  • 第4章 天正壬午の乱終結へ(家康対氏直
  • 信濃国衆の動向
  • 徳川家康危機を脱す
  • 徳川・北条同盟の成立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天正壬午の乱
著作者等 平山 優
書名ヨミ テンショウ ジンゴ ノ ラン : ホンノウジ ノ ヘン ト トウゴク センゴクシ
書名別名 本能寺の変と東国戦国史
出版元 戎光祥
刊行年月 2015.7
版表示 増補改訂版
ページ数 359p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86403-170-7
NCID BB19353142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22596517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想