世界の名著  第11

貝塚茂樹責任編集

[目次]

  • 目次
  • 悲劇の歴史家 貝塚茂樹 / p5
  • 歴史の父 / p7
  • 司馬遷の生涯 / p9
  • 司馬遷の時代 / p18
  • 修史の大願 / p21
  • 『史記』の構成と概要 / p37
  • 『史記』と日本 / p64
  • 史記列伝 / p69
  • 目次
  • 第一 伯夷列伝 / p75
  • 第二 管晏列伝 / p79
  • 第三 老子韓非列伝 / p83
  • 第四 司馬穰苴列伝 / p89
  • 第五 孫子呉起列伝 / p92
  • 第六 伍子胥列伝 / p101
  • 第七 仲尼弟子列伝 / p113
  • 第八 商君列伝 / p113
  • 第九 蘇秦列伝 / p123
  • 第十 張儀列伝 / p143
  • 第十一 樗里子甘茂列伝 / p156
  • 第十二 穰侯列伝 / p157
  • 第十三 白起王翦列伝 / p157
  • 第十四 孟子荀卿列伝 / p158
  • 第十五 孟嘗君列伝 / p163
  • 第十六 平原君虞卿列伝 / p176
  • 第十七 魏公子列伝 / p182
  • 第十八 春申君列伝 / p192
  • 第十九 范雎蔡沢列伝 / p192
  • 第二十 楽毅列伝 / p206
  • 第二十一 廉頗藺相如列伝 / p212
  • 第二十二 田単列伝 / p224
  • 第二十三 魯仲連鄒陽列伝 / p225
  • 第二十四 屈原賈生列伝 / p225
  • 第二十五 呂不韋列伝 / p237
  • 第二十六 刺客列伝 / p243
  • 第二十七 李斯列伝 / p262
  • 第二十八 蒙恬列伝 / p276
  • 第二十九 張耳陣余列伝 / p282
  • 第三十 魏豹彭越列伝 / p283
  • 第三十一 黥布列伝 / p283
  • 第三十二 淮陰侯列伝 / p293
  • 第三十三 韓信盧綰列伝 / p313
  • 第三十四 田儋列伝 / p314
  • 第三十五 樊酈滕灌列伝 / p314
  • 第三十六 張丞相列伝 / p321
  • 第三十七 酈生陸賈列伝 / p321
  • 第三十八 傳靳蒯成列伝 / p332
  • 第三十九 劉敬叔孫通列伝 / p332
  • 第四十 季布欒布列伝 / p344
  • 第四十一 袁盎鼂錯列伝 / p351
  • 第四十二 張釈之馮唐列伝 / p364
  • 第四十三 万石張叔列伝 / p364
  • 第四十四 田叔列伝 / p365
  • 第四十五 扁鵲倉公列伝 / p365
  • 第四十六 呉王濞列伝 / p366
  • 第四十七 魏其武安侯列伝 / p381
  • 第四十八 韓長孺列伝 / p381
  • 第四十九 李将軍列伝 / p382
  • 第五十 匈奴列伝 / p392
  • 第五十一 衞将軍驃騎列伝 / p404
  • 第五十二 平津侯主父列伝 / p419
  • 第五十三 南越列伝 / p429
  • 第五十四 東越列伝 / p430
  • 第五十五 朝鮮列伝 / p430
  • 第五十六 西南夷列伝 / p431
  • 第五十七 司馬相如列伝 / p431
  • 第五十八 淮南衡山列伝 / p440
  • 第五十九 循吏列伝 / p440
  • 第六十 汲鄭列伝 / p445
  • 第六十一 儒林列伝 / p453
  • 第六十二 酷吏列伝 / p466
  • 第六十三 大宛列伝 / p479
  • 第六十四 游侠列伝 / p488
  • 第六十五 佞幸列伝 / p496
  • 第六十六 滑稽列伝 / p500
  • 第六十七 日者列伝 / p507
  • 第六十八 亀策列伝 / p507
  • 第六十九 貨殖列伝 / p508
  • 第七十 太史公自序 / p526
  • 『史記』関係年表 / p539
  • 年譜 / p543
  • 人名索引 / p554
  • 口絵 安田靫彦『鴻門の会』

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界の名著
著作者等 司馬 遷
川勝 義雄
貝塚 茂樹
書名ヨミ セカイ ノ メイチョ
書名別名 司馬遷
巻冊次 第11
出版元 中央公論社
刊行年月 1968
ページ数 554p 図版
大きさ 18cm
ISBN 412400091X
NCID BN00527479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52012945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
司馬遷 貝塚茂樹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想