京都と近代

中川理 著

日本の都市は、どのように近代化を受け入れ、近代化を遂げていったのか。博覧会、広場、道路拡築、山並み景観、区画整理、郊外住宅…、古都の空間再編に日本の都市の近代化過程を検証する。空間から読み解く日本の近代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 街区一新の顛末(維新を迎えた時点での京都
  • 街区一新 ほか)
  • 第2章 近代を象徴する場となる岡崎(鴨東開発計画
  • 西洋意匠の導入 ほか)
  • 第3章 技術を背景とする土木官吏の台頭(近代を受け入れる街
  • 臨時土木委員会での議論 ほか)
  • 第4章 近代的空間再編の受容過程(道路拡築に対する住民
  • 組織的反対運動 ほか)
  • 第5章 「歴史」のデザインをめぐって(風致をめぐる府と市の対立
  • 市が架け替えた四条大橋と七条大橋 ほか)
  • 第6章 空間再編にともなうデザインの模索(模範なき近代都市空間のデザイン
  • 都市イベントとしての大礼 ほか)
  • 第7章 制度の矛盾がつくり出した新市街(税負担が郊外住宅地をつくる
  • 居住条件となる負担の不均衡 ほか)
  • 第8章 景観論争に見る技術者万能主義批判(景観保護政策
  • 東山開発計画への反論 ほか)
  • 第9章 土地区画整理に見る都市専門官僚制(京都だけ実現した土地区画整理
  • 計画立案と最初の道路事業 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都と近代
著作者等 中川 理
書名ヨミ キョウト ト キンダイ : セメギアウ トシ クウカン ノ レキシ
書名別名 せめぎ合う都市空間の歴史

Kyoto to kindai
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2015.7
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-306-07316-6
NCID BB19040872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22617233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想