植手通有集  2 (徳富蘇峰論)

植手通有 著

明治の自由民権から平民主義へ、さらに昭和の国家膨張主義へと言論活動を変えていった徳富蘇峰の足跡をたどり、蘇峰が果たした政治的役割を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由民権から平民主義へ(「官民の調和を論ず」
  • 『政治家の資格』
  • 『自由、道徳、及儒教主義』)
  • 第2章 平民主義の思想(『新日本之青年』
  • 『将来之日本』)
  • 第3章 平民主義から国家膨張主義へ(『吉田松陰』
  • 『大日本膨張論』)
  • 第4章 大日本帝国イデオロギーの構造(『時務一家言』
  • 『時務一家言』つづき)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植手通有集
著作者等 植手 通有
書名ヨミ ウエテ ミチアリ シュウ
書名別名 Uete michiari shu
巻冊次 2 (徳富蘇峰論)
出版元 あっぷる出版社
刊行年月 2015.6
ページ数 223p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87177-331-7
NCID BB19120086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22604861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想