「BC級裁判」を読む

半藤一利, 秦郁彦, 保阪正康, 井上亮 著

捕虜の過酷な行軍・労働・虐待、市民の虐待、慰安婦、生体解剖、人肉食…国立公文書館所蔵のBC級裁判資料は、日本軍の戦争犯罪が戦後、連合国側によって裁かれた記録である。罪に問われた人たちは、多くが「命令だった、やむをえなかった」と訴えた。しかし、それで免罪されるのか。この貴重な記録は、国が戦争をするということは、読者の「あなた」がどのような過酷な状況に置かれるかを教えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「日本人の写し絵」としてBC級裁判
  • 第1章 無為徒食を許さず-捕虜の虐待
  • 第2章 憤怒と非難の只中に-市民の虐待
  • 第3章 斬首は博愛の情-裁かれた武士道
  • 第4章 この罪、天地に愧ずべし-非人道的行為
  • 第5章 戦争だから仕方ない-無差別爆撃の不条理
  • 第6章 報復の連鎖を断つために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「BC級裁判」を読む
著作者等 井上 亮
保阪 正康
半藤 一利
秦 郁彦
書名ヨミ ビーシーキュウ サイバン オ ヨム
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 は7-3
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2015.7
ページ数 555p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-532-19771-1
NCID BB19176025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22613514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想