日本美術全集  8

辻惟雄, 泉武夫, 山下裕二, 板倉聖哲 編集委員

新たな時代・中世が始まり、美のありようも変化した。迫真の肖像画が描かれる一方、現実の風景に宗教的な幻想を重ねたような絵巻物もつくられた。本巻では、これらの肖像がや絵巻物のほかに、仏画に垂迹画、工芸などを通して、鎌倉から南北朝期の人々の美意識、人間観、世界観を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鎌倉・南北潮時代の絵画・書跡・工芸
  • 「まなざし」の歴史学-王法と仏法の絵画史
  • 鎌倉時代やまと絵の形成-尊智・円伊・高階隆兼
  • 「肖像画の時代」の肖像画
  • 鎌倉時代南都の舎利荘厳美術
  • 中世書跡の和様と唐様
  • 中世武士の装い-軍記物語にみる甲胄の威毛

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本美術全集
著作者等 内藤 栄
加須屋 誠
宮崎 肇
宮崎 隆旨
山下 裕二
泉 武夫
谷口 耕生
辻 惟雄
黒田 智
書名ヨミ ニホン ビジュツ ゼンシュウ
書名別名 中世絵巻と肖像画 : 鎌倉・南北朝時代 2

Nihon bijutsu zenshu
巻冊次 8
出版元 小学館
刊行年月 2015.6
ページ数 303p
大きさ 38cm
付随資料 2枚.
ISBN 978-4-09-601108-9
NCID BB18912952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22593253
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中世絵巻と肖像画 : 鎌倉・南北朝時代 2 加須屋誠
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想