音と時間

難波精一郎 編著

精神物理学における「時間の定義」に始まり、聴覚の諸現象を「時間」の観点から見直し、音における時間の役割について体系的に解説。感覚情報処理・認知活動における脳の働きについても紹介した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 音と時間-精神物理学的観点から
  • 第2章 脳の中の時間
  • 第3章 音感覚の成立と時間
  • 第4章 音の流れと連続判断
  • 第5章 マスキングと時間
  • 第6章 リズム、テンポ、同期タッピング
  • 第7章 演奏表現と時間
  • 第8章 放送技術における音響と時間
  • 第9章 空間と時間
  • 第10章 まとめ-音における時間とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音と時間
著作者等 Fastl, H.
三浦 雅展
入交 英雄
桑野 園子
苧阪 直行
菅野 禎盛
鈴木 陽一
難波 精一郎
書名ヨミ オト ト ジカン
書名別名 Sound and Time
シリーズ名 音響サイエンスシリーズ / 日本音響学会 編 13
出版元 コロナ社
刊行年月 2015.7
ページ数 248p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-339-01333-7
NCID BB18952899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22610975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想