真説稲川淳二のすご~く恐い話

稲川淳二 著

シャッターを開けて、中に入ると懐中電灯で店内を照らしてゆく、何も変ったところもないし、前に入った時のまま、で、ショーウィンドーのマネキン人形に明かりを向けると、テーブルを囲んで椅子に腰掛けている。で、引き揚げようとしたんですが…、"アレ!?"何か妙な気がした。"何だろう?何か変だなァ…"と思った。"ん?…マネキン人形の髪の毛が大分伸びてる…"それは、確かに気味が悪いんですが、"そうじゃない。もっと別の何かだ。…何かが変なんだよなァ…"そこには稲川怪談の真の姿が…シリーズ第5弾!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 遅れて来たふたり
  • 第2話 湖の釣り人
  • 第3話 家屋の解体
  • 第4話 ひいきの遊女
  • 第5話 撮影事故
  • 第6話 見つけてください
  • 第7話 消えた家族
  • 第8話 津軽平野
  • 第9話 笹塚のマンション
  • 第10話 親類
  • 第11話 夜釣り
  • 第12話 看護師さんの体験
  • 第13話 二軒長屋
  • 第14話 ドスンと音がして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真説稲川淳二のすご~く恐い話
著作者等 稲川 淳二
書名ヨミ シンセツ イナガワ ジュンジ ノ スゴーク コワイ ハナシ : キエタ カゾク
書名別名 消えた家族
シリーズ名 リイド文庫
出版元 リイド社
刊行年月 2015.7
ページ数 188p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8458-4411-1
全国書誌番号
22594424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想