音楽の謀略 : 音楽行動学入門

福井一 著

音楽を聴いたり演奏したりという行為は、ホルモンの変化を引き起こし、その結果、生理的な変化を引き起こすのである。その意味で、音楽はまさに、生理現象である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 音楽から社会が見えてくる!(音楽における自然科学的視点
  • 進化論から音楽を考える ほか)
  • 第2章 音楽・心・体をつなぐ見えないループ-音楽心理と音楽生理(音楽でお酒がおいしくなる?-音楽の効果
  • "アルファ波が出る音楽"の真偽 ほか)
  • 第3章 音楽と性ホルモンの秘密-音楽行動内分泌学からみた音楽の効果(音楽と内分泌(ホルモン)の関係
  • ホルモンの機能と作用 ほか)
  • 第4章 音楽は何のためにあるのか(音楽の起源、機能、意味-はじめに
  • ヒト以外に音楽はあるのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽の謀略 : 音楽行動学入門
著作者等 福井 一
書名ヨミ オンガク ノ ボウリャク : オンガク コウドウガク ニュウモン
書名別名 Ongaku no boryaku
出版元 悠飛社
刊行年月 1999.11
ページ数 238, 16p
大きさ 20cm
ISBN 4946448756
NCID BA44669311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20113022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想