ヒトラーの建築家

東秀紀 著

著者は一人の芸術家として、アルベルト・シュペーアの生涯を描いた。また彼と面識のあった故谷口吉郎氏を登場させることで、目的と内容を深めている。二人を通して、芸術家や技術者の戦争責任を考えることは、科学的合理主義と人の心の闇という二十世紀の矛盾を浮き彫りにするであろう。時代の狂気に魅入られた天才建築家の栄光と闇を描く渾身の書き下ろし評伝小説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 誕生日
  • 第1部 建築家(水晶の夜
  • 出会い ほか)
  • 第2部 軍需相(パリ入城
  • 大臣就任 ほか)
  • 第3部 囚人(神々の黄昏
  • ニュルンベルク裁判 ほか)
  • エピローグ ベルリン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトラーの建築家
著作者等 東 秀紀
書名ヨミ ヒトラー ノ ケンチクカ
書名別名 Hitora no kenchikuka
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2000.9
ページ数 347p
大きさ 20cm
ISBN 414005347X
NCID BA49295150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20097415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想