福島の放射線衛生調査

高田純 著

核放射線技術の負の影響である災害問題の科学を徹底的に研究してきた著者が、放射線防護学、放射線衛生学の専門家として、福島第一原子力発電所の放射線影響の全貌の解明に取り組んだ過程と結果の全て。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 福島緊急時の個人線量
  • 第2章 3.11-あの日から
  • 第3章 4月-東日本緊急放射線衛生調査
  • 第4章 県民国民の心配に応える震災元年の取り組み
  • 第5章 復活の牧場-2年目以降の福島20km圏内
  • 第6章 福島と世界の比較-線量・線量率と災害規模
  • 第7章 安全技術が進化する原発と福島20km圏内の復興策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福島の放射線衛生調査
著作者等 高田 純
書名ヨミ フクシマ ノ ホウシャセン エイセイ チョウサ : テイセンリョウリツ ダッタ フクシマ ノ シンジツ ト ニジッキロメートル ケンナイ ノ フッコウ : ケッテイバン
書名別名 低線量率だった福島の真実と20km圏内の復興 : 決定版
シリーズ名 高田純の放射線防護学入門シリーズ
出版元 医療科学社
刊行年月 2015.6
ページ数 203p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86003-457-3
NCID BB18810996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22674182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想