相転移と臨界現象の数理

田崎晴明, 原隆 著

[目次]

  • 相転移と臨界現象
  • 基本的な設定と定義
  • 相転移と臨界現象入門
  • 有限格子上のIsing模型
  • 無限体積の極限
  • 高温相
  • 低温相
  • 臨界現象
  • 転移点の一意性
  • 臨界指数についての不等式と等式
  • 無限系の平衡状態と対称性の自発的破れ
  • 関連するモデル
  • 相関不等式の証明
  • 鏡映正値性とその帰結
  • ガウス型模型の漸近評価
  • クラスター展開
  • Lebowits‐Penroseの定理
  • 数学に関するメモ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相転移と臨界現象の数理
著作者等 原 隆
田崎 晴明
書名ヨミ ソウテンイ ト リンカイ ゲンショウ ノ スウリ
書名別名 Soten'i to rinkai gensho no suri
シリーズ名 共立叢書現代数学の潮流 / 岡本和夫, 桂利行, 楠岡成雄, 坪井俊 編集委員
出版元 共立
刊行年月 2015.6
ページ数 403p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-320-11108-0
NCID BB18792930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22604058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想