盲導犬クイールの一生

秋元良平 写真 ; 石黒謙吾 文

「人間らしい歩き方を思い出させてくれた」との言葉を残して、パートナー(使用者)はこの世を去った。盲導犬クイールの、生まれた瞬間から、暖かい夫婦のもと息をひきとるまでをモノクロームの優しい写真と文章で綴る。映画化、ドラマ化もされた感動の記録。解説・多和田悟。新たに秋元良平「出版から十五年が過ぎて」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • クイール誕生
  • 育ての親、パピーウォーカー
  • トレーニングのはじまり
  • 盲導犬として
  • 新しい仕事
  • さよなら、クイール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盲導犬クイールの一生
著作者等 石黒 謙吾
秋元 良平
書名ヨミ モウドウケン クイール ノ イッショウ
シリーズ名 文春文庫 あ69-1
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.6
版表示 新装版
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790396-1
NCID BB18855338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22578005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想