マンガの論点

中条省平 著

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』他からフランスのマンガBDまで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本の無意識をあぶりだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「俺はまだ本気出してないだけ」だった第一次安倍政権の頃
  • 2 70年代とテロと戦争に早くもマンガは憧れ始めていた
  • 3 多かれ少なかれ国家は北朝鮮的にならざるを得ないのかもしれない
  • 4 世界の終わりになっても「金、金」言いすぎる罪と罰
  • 5 マンガの神は、テクニックではなくソウルでマンガを描く?
  • 6 震災の年、ゾンビに癒されて
  • 7 フラット化された世界に残されたのは友情とグルメ
  • 8 底なしの闇から見上げるは美しき夜の空襲と紺碧の空の白い雲
  • 9 ゴジラの中にいるのは、どこの何の神か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガの論点
著作者等 中条 省平
書名ヨミ マンガ ノ ロンテン : ニジュウイッセイキ ニホン ノ シンソウ オ ヨム
書名別名 21世紀日本の深層を読む
シリーズ名 幻冬舎新書 ち-1-2
出版元 幻冬舎
刊行年月 2015.5
ページ数 774p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98380-9
NCID BB18874117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22598074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想